« 【雑感】ブログを書くこと、書き続けること | トップページ | 【流行】聖地『秋葉原』はどこに行った! »

2007年6月26日 (火)

【雑感】ブログ執筆のここが難しい!

さてブログを始めて丁度1ヶ月。最初は生まれて初めてということで、色々戸惑っていた。しかしそろそろ、なんとなく『こういうものか』という感触は掴めてきた気はする。

初めは正直思いっきりなめていた。たかが短い文章ぐらい、どうってことないと。確かにこれが週に一度というならば簡単だが毎日となるときついのだ。

まずは製作工程の順番を追ってそのポイントをお話しよう。

★ブログ製作工程★
【Step 1】テーマ探し
【Step 2】コンセプト作り
【Step 3】調査
【Step 4】見出し作り
【Step 5】構想
【Step 6】写真等準備
【Step 7】文章執筆
【Step 8】誤字脱字修正
【Step 9】送信
【Step10】ジャンル分け
【Step11】出来上がりチェック・修正
【Step12】読者意見を聞く
【Step13】反省と対策


ざっと荒く工程を整理すると上記のようになる。大きな流れは普通の文章を書くのと変わりはない。

最初一番やっかいなのは、ネタ探しだと思っていた。毎日となると書くネタがすぐになくなってしまうのでは、とおもった。しかし、案外これはうまくクリアできた。テーマ自体は意外に色々浮かぶのだ。

年金の問題が話題になったら、『年金問題』。早稲田の斎藤佑樹選手が活躍すれば『ハンカチ王子活躍』とすぐにテーマはメモすることにしている。

なるべく旬のテーマか、私自身の実体験にもとづいたものを選ぶようにしている。しかし、問題は書くテーマはいくらでも浮かぶのだが、何をどういう切り口で書くのかという文章のコンセプトが難しい。

『年金問題はけしからん。斎藤佑樹は頑張っている。』ならばマスコミのコピーだからつまらない。

 かといって自分自身の体験談だからといってなんでもいいわけではないだろう。下のような文章が私のこのブログででてきたらどうだろう??

 『今京橋に来てます。田中さんが今度結婚するんだって。私焦っちゃうよ。どこかいい人いないかな。』とか、『今話題の◯◯ってお店でシェフお薦めのトマトとあさりのパスタ食べてるんだけど、ちょーうまい。皆も一度来たら!』

なんていうのは最低中の最低。読んでいてヘドが出てくる。

体験談なら普通なかなかできないこととか、普通と異なる衝撃があるなど、読者に読んでもらうに値する何か、サムシング・エルスが必要だがこれがなかなか閃かないのだ。

特に短い文章で表現するとなるとあれもこれも主張することは混乱を招くので、コンセプトはなるべくシンプルな方がいい。主張が一貫していないと成り立たないところが命綱だ。

そのコンセプトがすっと浮かぶときは非常にすっきりする。問題は浮かばないときだ。正直一番頭を悩ませる。

 しかも、一、二本貯金として書き貯めてあるときはいい。一番きついのは、貯金はなく、かつ仕事がたてこんでゆっくりブログを書く時間がなくなり、そろそろ締め切りの夜中の12時が迫ったときだ!

とにかくその日のうちに送信し送り込まなければならない、そういうときだ!発狂寸前になるのは。

『もーーー、なんとかしてくれーーーー!!』

って、お手上げ状態の時に案外いいアイデアがひらめいたりする。なんとも不思議だ。

もう一つ大変なのが『【Step 3】調査』である。文章の中で使う例え話やエピソード、故事などをネットを使って事前に調査するわけだ。

調査自体は苦痛ではないが、問題は時間がかかりすぎる点だろう。私の仕事柄、ウソを伝えるわけにはいかないので話の裏をとることも必要だし、それなりに情報価値の高いものとなると大変なのだ。

 場合によってはブログのことは忘れてしまって調査自体にはまったりもする。好奇心につられて本来の主旨を見失う典型だ。

私の場合、文章を書き始めたら早い。特に短い文章なのでリズムを大切にしている。勢いも大切だ。

とまあ、こうして書き上げ、システムに送信するとほっとする。『ああ、今日も間に合った』と。

 最後の仕上げは読者の反応をチェックし次に生かすこと。これには妻に絶大なる協力をもらっている。

毎日ブログの感想を聞いて次に生かすのだ。ただ彼女の場合、裏側も知っているので怖い。

 締切ぎりぎりまで、かっかして書いてることも、日々の仕事が立て込み何日も出張にいった先で時間を削って書いていることも、風邪をひいて鼻水をたらしながら、布団の中で書いていることも総て彼女にはお見通しである。

それだけに手抜きをしたとも思われたくないし、毎日の反応なので私にとっては貴重な意見だ。

どうしたら相手に伝わるのか、何が相手に受け入れられるのか、どういう話題がインパクトがあるか、とにかく毎日彼女からのフィードバックは、下手な地獄の特訓より効果がある。

まあ、これまでのブログの大変な点をお話してきた。何か自分で日刊の雑誌を始めた感じと同じ感覚だ。
とにかく続けられるだけ自分なりのこのスタイルをこのままつづけてみようと思う。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※【改革支援サービス一覧】皆様の改革のお役にたちます。

※【改革無料相談】改革のご相談はこちらまでお気軽に。

« 【雑感】ブログを書くこと、書き続けること | トップページ | 【流行】聖地『秋葉原』はどこに行った! »

雑感」カテゴリの記事

コメント

私はまだ出来ていませんが、執筆の自動化を目指すことが大切だと思います。

インプットとアウトプットの現場が近いほど生産量は多くなり、即時性が高くなります。

書くことは内省を高め、コミットメントを強くします。

書いて、書いて、書かれると良いと思います。

書くことがなくなったら、「今日は書くことがない」と書くのが良いと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【雑感】ブログを書くこと、書き続けること | トップページ | 【流行】聖地『秋葉原』はどこに行った! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

オンライン状態

無料ブログはココログ