« 【流行】ウィンナーワルツと本物の流行とは? | トップページ | 【断酒】緊急会見「 私、お酒やめました」(1) »

2007年7月 6日 (金)

【流行】新・不易流行学〜現代を救う新たな処方箋〜

 さて本日は流行についてもう一歩深堀をしてその本質に迫りたい。

 松尾芭蕉が俳諧の用語として使った言葉『不易流行』という言葉がある。『奥の細道』の旅の中で羽黒山で僧侶と会ったのをきっかけに体得したといわれる概念だ。

 その大本は荘子の思想や易の三義と呼ばれるものがベースにあったが、芭蕉なりに禅の発想で解釈を深めたものだ。

 芭蕉はご存じのように、それまでの五・七・五・七・七の短歌を代表とする和歌の世界に対し、もともと庶民が気軽に楽しんでいた、五・七・五の『俳句』を芸術の域にまで高めた俳聖と呼ばれるひとだ。

 言ってみれば既成の世界に殴り込みをかけ、新しい世界を自らの手で作り上げた革命家と呼んでもいい人だ。

 最近一般によく使われるようになった、この不易流行という言葉だが、革命家が使った言葉だとして理解すると面白い。

 広辞苑の解釈は「不易とは、詩的な生命の、基本的に永遠性を有する本体である」とあり、「流行とは、詩における流転の相で、その時々の新風の体である」とある。

 さらに、この不易と流行の二体は、「共に風雅の域から出るものであるから、根本においては一に帰すべきものであるという」とある。(ここでいう風雅とは俳句の世界を指している。)

 はっきり言ってなんのことか分からないだろう。芭蕉が言いたかったことの具体的な事例を示そう。

 ある人が作った俳句に対する芭蕉の評価である。

小松生ひ
 なでしこ咲る
   いわほかな
     (守武 作)

<巌には小さな松がはえているのみか、撫子までも咲いている。その風情のよさ>(解釈―復本一郎氏)

この句を芭蕉は高く評価している。景色だけを表現したものはもう古い。本来生物など生えるはずもない岩に松が生えている。そればかりか艶やかな撫子までが咲くという生命力のすごさであり、自然の美しさの奥の深いことだ。

 無骨な巖と松という男性的な荒々しさに『大和撫子』と例えられるの撫子の女性らしいコントラスト。しかも常識では考えられない場所に咲いている自然の驚異の生命力。

 芭蕉は景色を詠むという形式だけではない、そこに本質を見い出したわけである。しかし、一方で和歌ではなかった新しい形にもこだわっているのだ。

 芭蕉はこう解説してくれる。「不易を知らざれば基立ちがたく、流行を知らざれば風新たならず」即ち「不変の真理を知らなければ基礎が確立せず、変化を知らなければ新たな進展がない」、しかも「その本は一つなり」即ち「両者の根本は一つ」であると。

 俳句は五七五という形だけでなく和歌の世界でタブーだったこともドラスティックに変えてしまった。特に短い文章の中で庶民でも分かりやすい力強い言葉で、シンプルで且つストレートな表現という、和歌とは違う形の変化を次々と追っていった。

 しかし一方で形に囚われないことで、従来の和歌では表現できなかった自然美や躍動感をよりリアルに
如実に表現することが出来た。

 きっと芭蕉はこう言いたかったに違いない。『だから不易も流行も元は一つなんだ。いかに本質を表現できるか、いかに伝える力を持つかが大事なんだ。古くからの形に囚われる奴がおかしいんだ。

 形に囚われるな。本質にこだわるんだ。本質にこだわり続ける限り、常に一番いい形を追求し続けろ。変えること、変わることは決して軽薄なことじゃない。

 形に囚われるやつほど形骸化して、進歩が止まり命がよどんでくる。それこそ魂の怠慢だ。

 変えろ、変えろ、変え続けろ。君に本質を追い続ける勇気と執念があるなら、改革をためらっちゃならない。』と。

 ここからは私の想像だが、おそらく彼は非常にピュアな人だったに違いない。周囲の人の目や上辺の評価を云々するような生き方を拒絶し、天を向き天に気に入られる本質を追求し続けた。だから形を変えることを躊躇せず、形に囚われることを由しとしなかったのだ。

 (ここからが肝心なところだが)ではひるがえって現代の流行はどうだろう。新しいことばかりを追い求め、周りの目を気にし、結果としての数字ばかりに終始した。

 結果は芭蕉がもっとも嫌った、形の新しさという上辺ばかり追い、本質や実態・実物・実体験を忘れた
、魂の怠慢という蟻地獄で苦しんでいるのではないか?

私はこの芭蕉の追求した真の意味での『不易流行』の言葉の奥底に現代の我々に対する処方箋があると信じる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※【改革支援サービス一覧】皆様の改革のお役にたちます。

※【改革無料相談】改革のご相談はこちらまでお気軽に。

« 【流行】ウィンナーワルツと本物の流行とは? | トップページ | 【断酒】緊急会見「 私、お酒やめました」(1) »

特集『流行について考える。』」カテゴリの記事

コメント

参考文献をおしえてください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【流行】ウィンナーワルツと本物の流行とは? | トップページ | 【断酒】緊急会見「 私、お酒やめました」(1) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

オンライン状態

無料ブログはココログ