« 【人生】七五三と『とおらゃんせ』 | トップページ | 【経営】指導者研究『落合監督』(その2)〜悲願の日本一達成 »

2007年11月23日 (金)

【経営】指導者研究『落合監督』(その1)〜裸一貫からの出直し・中村紀洋選手

 プロ野球の日本シリーズ、アジアシリーズが終わった。そしていよいよ星野ジャパンが率いる北京五輪アジア予選が始まる。

 今年の日本一を決めたのは落合博満監督率いる中日ドラゴンズで実に53ぶりの日本一であった。

落合監督胴上げ

 名古屋で生まれ育った私、ダイブツ君としては長年ドラゴンズファン一筋だっただけに喜びも大きい。何しろ初めての日本一、アジア一を経験したのだから。

 ご多分に盛れず、連日テレビで関連するドラゴンズの特別番組は全て録画し何度も見て楽しんでいる。


 しかし今回は一人のファンとしてよりも、仕事の上での経営者研究、指導者研究として真剣に見ている。

 というのも今から四年前の2004年、落合博満さんがドラゴンズの監督に就任した折から、「オレ流」監督のそのユニークな采配や指導方法に興味を持ち、彼の著作はほとんど読み独自に研究をしてきた。


 監督就任以来彼は2004年からの4年間に2度のリーグ優勝を成し遂げ、3度日本シリーズに進出し、今年日本一、アジア一に輝き、名実ともに名監督の仲間入りをしたといってもいいだろう。

 彼の現役時代の活躍は誰もが知るところだ。ロッテ、中日、巨人、日本ハムと渡り歩き、まさに優勝請負人よろしく、3度の三冠王に輝く歴史上の名選手でもあった。

 そのユニークな言動やマスコミにおける無愛想な振る舞い、練習嫌いや時折球団批判とも取れる発言や本音を幹部やマスコミにぶつけ物議をかもした。

 さらに彼が現役の時、「結果を残したプロが金をとって何が悪い」と公然と言ってのけ、周囲ともめながらも日本人初の一億円プレーヤーになりながら、守銭奴のようにも思われてきた。

 常に強烈に「個」を主張し他のメンバーと群れることを嫌う一匹狼として見られた落合博満は、やがていつしか「オレ流」と呼ばれ、世間から見ると異端児扱いされるようになった。

 さらに奥さんの信子夫人も落合監督に輪をかけた強烈な個性のため、夫婦揃っての変わり者とみられることも多い。

 そんな彼だが実は誰よりも練習熱心でチームプレーを重んじ、より選手の立場に立ち、それぞれの個性を重んじる苦労人監督であることを知る人は少ないだろう。

 オリックスの清原選手、巨人の小笠原選手、ソフトバンクの松中選手など多くのプロ野球選手が心底彼のことを慕っている。

 昨年オリックスともめて退団し、テスト生、育成選手からレギュラーになり、最後は日本シリーズのMVPを獲得した中村紀洋選手も、落合監督の熱狂的信奉者であったことは有名だ。

 まだ近鉄でプレーしていたころ、自分のスタイルに迷いが生じ大きなスランプに陥っていたとき当時解説者だった落合博満から直接指導を受け、彼のビデオを擦りきれるほど見て、落合の観音打法をみて自分にあったフォームを生み出した経緯があった。

 それ以後、中村紀洋は落合信者となった。そんな彼を知る落合も彼がオリックスを退団し、行くあてもなく途方にくれていたところ、「どこまでやれるかテストだけでも受けてみろ」と沖縄キャンプに呼んだのだった。

 当時マスコミは連日中村のわがままと報道し、「どこの球団も相手にしないのは自業自得だ」とばかりに相手にしなかった。

 最初は中村には興味がないと言っていた落合監督だったが、しかし「彼も実績のあるプロ野球の宝だ。周りの偏見で一人の選手の可能性を潰すことは許されない」という信念のもと、周りの反対を押しきり彼を迎え入れた。

 かつてのパ・リーグのスター選手である中村紀洋も大リーグ挑戦等で三年間も実質的なブランクがあり体は相当に錆び付いていた。

 そんな彼に対して落合監督は「その体の錆び付きが取れたら雇うかも知れないが現段階では体力は一軍の中で最低だ。」、「選考は厳正にやる。特別待遇は一切認めない。中村が仮に入団し一軍に入ればその分若い選手が一人チャンスを失うことになる。」と断言している。

 プロである以上チャンスは皆平等であるべきだと周囲の中村を特別待遇しているのではという偏見を一蹴している。ここでも落合監督は選手の立場にたって最大限配慮した上でそれでもプロとしての厳しさを貫いているのだ。

 裸一貫から必死にグラウンドを駆け回るかつてのスター選手、中村紀洋選手。テスト生から、育成選手、また正式な入団、二軍戦初出場、そして一軍選手登録と好奇の目で見る世間やマスコミを尻目に、中村は連日子供のような素直な心で必死に白球を追いかけた。

 落合監督同様、中村紀洋もこうと言い出すとどこまでも自分の考え方を貫く性格で、周りとの協調性に欠け、そのため近鉄時代から何度も球団と対立を繰り返してきた。

 当初誰もが「ノリは最初はしおらしくしているだろうが必ず活躍し始めたらワガママな昔に戻り必ずチームの中で揉め事を起こすに違いない」と思っていた。

 しかし実際は違っていた。彼は丸裸になって出直せたこと以上に、誰よりも信頼し慕っている落合監督や、路頭に迷っていた自分に救いの手を差しのべてくれた球団に純粋に恩返しをしたかったのだ。

 やがて立浪や山本昌などベテラン始めチームメート全員が温かく彼を迎え入れた。最初は彼のためにポジションを奪われたことで反発もあったが、しかし中村のひた向きな姿勢は皆の心に伝わった。

 外様の彼が真にチームの一員となれた瞬間であった。

 しかし今年2007年のペナントレースは巨人の優勝に終わった。最後までペナントレースを征しての優勝にこだわった落合監督。

 一度はマジック点灯まで行き優勝まで後一歩にまで迫りながら、もう少しのところでゴールには至らなかった。やはり日本一の壁はここでも遠かった。

 ペナントを巨人に奪われ、頭を丸めた落合監督。「我々にはもはや失うものはありません。全身全霊を傾けて戦います。」そうファンに約束した言葉は嘘ではなかった。

 その日から中日の奇跡の快進撃が始まる。クライマックスシリーズ、阪神に2連勝、そしてリーグ優勝した巨人に対しても3連勝で日本シリーズ進出を決める。

 プロとしてのケジメを誰よりも重んじる落合監督は敵地東京ドームのファンや選手に対して、「あくまでもセ・リーグを征したチャンピオンはあなたたちだ」と敬意を表して、胴上げは行わなかった。

 「正々堂々と勝ち抜いてこそ真の勝利なのだ。来年また勝つべき目標が出来た。」とプロとして勝ちに最後までこだわる姿勢を貫いた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガ登録希望】と書いて今すぐメールを!

《ダイブツ君絵描き歌》

« 【人生】七五三と『とおらゃんせ』 | トップページ | 【経営】指導者研究『落合監督』(その2)〜悲願の日本一達成 »

指導者研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【人生】七五三と『とおらゃんせ』 | トップページ | 【経営】指導者研究『落合監督』(その2)〜悲願の日本一達成 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

オンライン状態

無料ブログはココログ