« 【音楽】友情という名の交響曲 | トップページ | 【仏教】『運命の寺』〜勝《王》寺の勝ちだるま »

2008年1月 8日 (火)

【メルマガ新春号】『本当にあった末広がり”8”の縁起がいい話』

Jpg_2 『ダイフツ君のひとり事』
    【メルマガ2008年新春1月号】

●テーマ『本当にあった末広がり”8”の縁起がいい話』

   皆様、明けましておめでとうごPhotoざいます。旧年中は何かとお世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いします。

   さて皆さんにとって今年はどんな年になるでしょうか?実は今年は暦の上では歴史的に考えても大変な年であります。

  最初に十干十二支の干支(えと)の世界で申しますと、今年は、『戊子(つちのえね)』という60年に一度の特別な年に当たります。

  最初の『戊(つちのえ)』というのは、草冠をつけると『茂』という字になり、生命が大きく発展していくというおめでたい意味です。また『子(ね)』というのは十二支の最初の年で、物事の始まり、新たな生命の始まり発展を意味します。従って今年は『新たな生命が誕生し大いに発展する』という歴史的な年になります。

  いまからちょうど60年前の戊子の年、1948年には何があったかというと、1945年の敗戦の焼け野原から立ち上がり、本田宗一郎さんが本田技研工業(現在のHONDA)を作られた年です。その2年前の1946年には井深大さんがSONYをお作りになっており、文字通りここから急激に『人類史上稀に見る経済発展』が始まった年でもありました。

  さらに今年は4年に一度のうるう年でもあり、中国北京ではオリンピックが開催されます。その開催日時が2008年8月8日午前8時8分。これはわが国でも昔から言われる『末広がりの8』から来るものです。

  日本でも四国の八十八ヶ所のお遍路さんは88つの煩悩を乗り越えると悟りの境地に到れるとし、8は大変縁起がいいとされます。

  私の故郷の名古屋市の市章は『まるはち』。丸の中に『八』と書いて、平和のシンボル二匹の鳩が向かい合っている姿をシンボルとしたものです。

  このように大変、『縁起』が良い8であり、今年のラッキーナンバーでもある8ですが、私は本日2008年1月8日、つまり『8』のツク年の『最初の月』の『最初の8の日』に実に不思議な『嘘のようで本当にあった、超超超超超超超超(8つ並べました)縁起の良い体験をさせていただきましたので、是非皆さんにご報告をしたいと思います。

  今日私がお話しますのは、迷信でも宗教でも何でもありません。すべて科学的に立証し、再現できる事実ですので、その点ご理解くださいね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

【本当にあった末広がり”8”の縁起話】

  まずはじめに皆さん、大阪の地下鉄の路線地図かYahoo!の地図の画面を傍らにおいてお話をお聞き下さい。
http://www.act-home.co.jp/bigwave-flap/tikateturosenzu.html

  物語の始まりは本日お昼ちょっと前のことでした。2008年1月8日、中国北京五輪で2008年8月8日午前8時8分に開幕されるという、『末広がりの伝説』の話を知っていた私は、ひょっとしたら今日も特別なことが起こるのではと大きな胸騒ぎがありました。

  私の事務所は地下鉄御堂筋線で新大阪の駅から2区、大阪梅田駅からは5区北の交通の便の良いところにあります。

  実は年明けに事務所に念願の液晶テレビを買ってパソコンの画面を映そうと梅田にあるヨドバシカメラに買い物に行くことにしたのです。

  目的はモニター用分配器、それとウィルスバスターズの最新版のチェック。さらにその後、北の終着駅の千里中央駅で簡単に買い物をし、江坂まで戻ってこようと思っていました。
 

  地下鉄の梅田駅についた私は、実はこの”8”伝説のことを思い出し、地下鉄の8番出口から出ることにしました。地上に上がると大阪駅の御堂筋口でした。ヨドバシカメラへは反対側の『中央出口』側に向かわねばなりません。すると左右に勝運の神様、箕面の勝尾寺の勝ダルマの広告が左右にあるゲートを通りました。

  運命はこの時開けたんでしょう!!!幸福の勝尾寺ゲートでも呼びましょうか?そしてヨドバシカメラに向かうと私は何かに気づき始めました。そうです。『中央北改札口』とそこらじゅうに看板があります。

  そうか今年は『中国』の『北京』で『8』だから、『中』と『北』かとそう感じました。子供のころから信心深い家庭に育ち、人一倍宗教心が篤かった私はよくこういうことを敏感に日常から感じますので、何も不思議には思いませんでしたが、今日はまったく違っていました。

  交差点をわたってヨドバシカメラの入り口です。いつもはエレベーターで目的地に一直線でしたが、今日は反対からでしたので、エスカレーターがまん前にあります。

  『エスカレーターなら8の字状のDNAのように螺旋で回るから運気がつくだろう』と思いました。ちょうど空腹を感じた私は食事でしようとフロアーガイドに目をやると、食堂街があるのは8階でした。空腹だった私はそのままエスカレーターで上がりました。

  8階についてすぐに目にしたのは、左手脇にある和食のお店。目に飛び込んできたのが『中トロ』の文字。確か今日は『8』だけでなく、『中』と『北』も運気が良かったはずだ、それに『中』は8の文字にも通じる。アルファベットならBと同じ。

  それではと思い中に入ると下駄箱が。真正面にあったのが8番の下駄箱。思わず中に入り注文しようとすると、ウエイターが近寄ってきて、名前が『小宮』。ここでもやっぱり8でした。

  食事が終わってお会計をしようと領収書をもらってみてみると先ほどの『小宮』の印鑑。この当たりでいかに強烈な運気を持っている私でも今日はちょっと特別な日だなと強烈に感じました。

  さて食事が終わって、先ほどのエスカレーターでさらにまた8の字螺旋を逆戻り。四国のお遍路さんでも逆周りといって、8を逆に回るとさらに強固な運気がつくとされています。これはどこまで行くのかと興味は膨らむばかり。

  そしてウイルスバスターズとモニター用分配器を買おうとついた先が『B1』。ここでも8です。さっそくウイルスバスターズを見に行こうとすると、売り場の番号は8番。

  なんだか怖くなってきましたが、もうどうにでもなれと思い歩みを進めました。そして分配器のコーナーで商品を選ぼうとすると、目の前にあるのが『8系統分配』の機種。

  それをとって一番近くのキャッシャーにいきました。順番を待っていて私の番になって呼ばれたのが、8番。受付の担当者の背中には『8%割引』の大きな文字。いよいよ世界は神ががって来たぞと痛感しました。

  さあ買い物も終わったしそろそろ地下鉄で千里中央まで行こうと思って矢先、『そうだこの駅の名前も「中」がついている』と唖然。さあ、気を取り直して改札からエスカレーターをおり、一番近いホームで待っていました。

  するとそこが8番ホーム。当然近づいてきた車両は8番車両。もうどうでもいいや、の心境ですね。ここまでくると。でも今日は終わりませんでした。

  千里中央駅に下りました。駅の番号は『M08』。ここでも8番です。縁起がいいことなので疲れることはありませんが、ここまでくると少々疲れてきます。

  さてエスカレーターを降りると、そこのフロアーは『B1』。飛び込んできたのは『中央北改札口』。ここでも『中』と『北』です。さて買い物を終えてスターバックスでお茶でもしようと広場に向かうと目の前の看板は『ハトにえさを与えるな』でした。

  そうです。冒頭お話した私の故郷名古屋のシンボルがハト。『ハ』の字は8に通じ、シンボルマークは『まるはち』。ここでも8です。もう終わりだろうと思う矢先です。神様は微笑み続けました。

  そろそろかえろうと、『中央北改札口』からエスカレーターで降りました。南向きのプラットホーム。目の前のホームが8番。もうあきれるやら笑いが止まらないやら。

  しかもこれは単なる迷信ではなく、今すぐにでも私と同じルートをたどれば、誰でも再現できます。まあ『大阪海運末広がり”8”ルート』とでも呼びましょう。もし再現した人が居るならこのコーナーで是非コメントしてみてください。下手なミステリー話よりよほど面白いですよ。事実ですから。

  さて神様の末広がり攻撃はまだまだ続きます。まるでマシンガンで『8,8,8,8』と打ち続けられるような感じですね。

  地下鉄に南へ2つ目の駅に着きました。緑地公園駅です。ふと窓の外を見ると対向する電車です。見れば『8番車両』の文字が。。。。。。。もう唖然。。。。。。。。。

   ついに奇跡の末広がり旅行もこれで終わりかと、着いたホームで見たものが『階段B』。さらに改札を出て、大同生命ビルの中を通って、緑の道を歩いていると、目の前に何匹ものカラスがいました。

  内心思いました。ここまで神様も凄くはないだろう。やっぱり現実は真っ黒なカラスだよな、と思っていると、こうした私の気持ちをよそに、私の背後から一匹のハトが真っ直ぐ天高くに飛んでいきました。

★★★★★★★★★★★★★★

  神様も信じますが、理科系出身でもある私は基本的に客観合理的なものごとを重んじます。科学にとって大切なのは『仮説』に対する『検証』です。つまり誰がやっても『追証』出来るものでなければ、それは真実とは言えませんん。これは紛れもない真実です。

  さあ、いよいよ今年はとんでもない年だという事がお分かりいただけたのではないでしょうか?

  さて、このメルマガ新春号もそろそろ終わりにしたいと思います。このメルマガを真剣にお読みになった皆様にとって最高の年になることは間違いありません。

  さらに大阪の皆さん、関西の皆さん!!!次の週末この『大阪海運末広がり”8”ツアー』に出かけましょう。今年一年必ずあなたは大いに発展すること間違いなしです。

  最後に皆さんへの大切なお知らせです。実はこの海運末広がりにちなんだ最高の年の最高の縁起物についての大事なお知らせがあります。コーナーは上のメニューから『ミュージアム』を開くとすぐに出てきます。

 ★【末広がり”8”クイズ】

  このブログのページ(ただし今日のこの発言のみ)と次のミュージアムのページの2つのページの中に『8』は
何回出てくるでしょうか?先着8名様に880円相当の
どこでも手に入らない縁起物グッズを進呈します。

   どうぞ奮ってご応募下さい。宛先は
DAIBUTSU@newport.co.jpへ返信してください。
次の8のつく日、2008年1月18日まで有効と
させていただきます。

  今年も一年末広がりの”8”でご健勝にお過ごし下さい。

    2008年1月8日午後8時8分
                 ダイブツ 拝  合掌

※なお本メルマガの配信中止を希望される方はお名前と連絡先、理由などをを明記の上、タイトルに『配信中止』と書いて、下記までメールしてください。お願いします。
→DAIBUTSU@newport.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★【最高の年に最高の縁起物を!ご案内はこちらまで】

※【メルマガ登録】 

「メルマガ登録希望」と書いて今すぐメールを!

« 【音楽】友情という名の交響曲 | トップページ | 【仏教】『運命の寺』〜勝《王》寺の勝ちだるま »

末広がり伝説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【音楽】友情という名の交響曲 | トップページ | 【仏教】『運命の寺』〜勝《王》寺の勝ちだるま »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

オンライン状態

無料ブログはココログ