« 【人生】『ダイブツ流人を見分けるコツ』 | トップページ | 【教育】失敗から学んだ天才エジソンと松下幸之助 »

2008年2月 8日 (金)

【教育】『失敗から学ぶ』天才たちの名言集

 エジソンの母の教育の秘密として『失敗から学ぶ』ということを取り上げた。
 エジソンに限らず多くの天才たちはそれこそ失敗を人生の肥やしであり、糧として多くを学んでいる。

 では一体なぜ天才と呼ばれる人たちは、失敗から学ぶことが出来るのだろうか?そこには一体どんな秘密があるのだろうか?

 下記にそうした天才たちが失敗から学ぶことについてどのような見解をもっているのか?について、その名言集から学ぶこととしよう。

 まずは先に取り上げたエジソンの言葉を3つ。それからエジソンが創設したGE(ゼネラル・エレクトリック)社がどのようにこのエジソンの思想を受け継いでいるのかを知るために、ジャック・ウェルチ前会長の言葉から見てみることにしよう。

 いずれ劣らぬ名言ばかり。ゆっくりご堪能あれ。


━━━━【天才たちの『失敗から学ぶ』名言集】>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎エジソン
【名言】わたしは、決して失望などしない。なぜなら、どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。
【詳細文/補足】(別訳ver.1)私は失望などしない。なぜなら、どんな失敗でも次への前進の新たな一歩となるからだ。
【出典】エジソン[トーマス・エジソン](19〜20世紀米国の発明家、GE社創業者、1847〜1931)
【関連文】(英文)I am not discouraged, because every wrong attempt discarded is another step forward.

◎エジソン(その2)
【名言】私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。
【出典】エジソン[トーマス・エジソン](19〜20世紀米国の発明家、GE社創業者、1847〜1931)
【関連文】(英文)I have not failed. I've just found 10,000 ways that won't work. 

◎エジソン(その3)
【名言】私は実験において 失敗など一度たりともしていない。この方法ではうまく行かないということを発見してきたのだ。
【出典】エジソン[トーマス・エジソン](19〜20世紀米国の発明家、GE社創業者、1847〜1931)
【関連文】(別記載)私は実験において 失敗など一度たりともしていない。これでは電球は光らないという発見をいままでに、2万回してきたのだ。
【解説】発明王エジソンが電球を試作していた時に、皮肉屋の新聞記者が「こんなに失敗して…」と言ったことに対する答え。(流音弥)


◎ウェルチ
【名言】われわれは失敗にも報酬を与えている。機能しない照明器具をつくったチーム全員にテレビセットを贈ったこともある。そうしないと、社員は新しい挑戦を避けるようになる。
【出典】ジャック・ウエルチ(元ゼネラル・エレクトリック最高経営責任)


★★★★★★★★★★

◎ロックフェラー
【名言】私はいかなる失敗もチャンスに変えるよう常に努力してきた
【詳細文/補足】
(別訳ver.1)私は災難が起こるたびに、これを良い機会に変えようと努力し続けてきた。
【出典】ジョン・ロックフェラー[ジョン・デイヴィソン・ロックフェラー](19〜20世紀米国の実業家、スタンダード・オイル社創立者、1839〜1937)
【解説】失敗は成功へのチャンスです。(流音弥)

◎カーネギー
【名言】成功する人は、失敗から学び、別な方法でやり直す。
【詳細文/補足】
(別訳ver.1)成功する者は、失敗から得、違ったやり方を試してみる。
(別訳ver.2)成功者とは、失敗から多くのことを学び取って、新たに工夫した方法で、再び問題に取り組む人間のことである。
【出典】デール・カーネギー(20世紀前半の米国の自己啓発権威・講演家・著述家、1888〜1955)
【関連文】(英文)The successful man will profit from his mistakes andtry again in a different way.

◎フォード
【名言】失敗とは、よりよい方法で再挑戦する素晴らしい機会である
【詳細文/補足】
(別訳ver.1)失敗とは、よりよい方法で再挑戦するいい(よい)機会である。(別訳ver.2)失敗とは、より聡明に再出発するための唯一の機会である。
【出典】ヘンリー・フォード(19〜20世紀米国の実業家、フォードモーター創始者、1863〜1947)
【関連文】(英文)Failure is only the opportunity to begin again more intelligently.
【解説】失敗をポジティブにとらえれば、改善して再挑戦する魅力的な機会だと言えるでしょう。また、失敗が無ければ、改善する機会を失ってしまうかもしれないのです。(流音弥)


◎ジョンソン & ジョンソン
【名言】失敗は、当社にとって、もっとも大切な製品である。
【出典】R・W・ジョンソン・ジュニア(ジョンソン&ジョンソン元CEO) 


◎カーネルサンダース
【名言】何を始めるにしても、ゼロからのスタートではない。失敗や無駄だと思われたことなどを含め、今までの人生で学んできたことを、決して低く評価する必要は無い。
【出典】カーネル・サンダース(ケンタッキー・フライドチキンの創業者)

◎シェイクスピア
【名言】失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけです。
【出典】シェイクスピア[ウィリアム・シェイクスピア](16〜17世紀イギリスの劇作家・詩人、1564〜1616)「ジョン王」

◎ヘルマン・ヘッセ
【名言】過ちも失敗も多かった。だが、後悔する余地はない。
【出典】ヘルマン・ヘッセ(19〜20世紀ドイツの小説家・詩人、ノーベル文学賞受賞者、1877〜1962)


◎マークトゥエイン
【名言】他人の失敗から学べ。全部を自分で体験できるほど長生きはできないのだから。
【出典】マーク・トウェイン(19〜20世紀米国の小説家、1835〜1910)

◎チェーホフ
【名言】人間の目は、失敗して初めて開くものだ。
【詳細文/補足】(別訳ver.1)人間の目は、失敗した時初めて開く。
【出典】チェーホフ[アントン・チェーホフ](19世紀ロシアの劇作家・小説家、1860〜1904)


◎スマイルズ
【名言】私たちは成功よりも失敗から、より多くの知恵を学ぶ。
【詳細文/補足】
(別訳ver.1)われわれは成功によってよりも、失敗によってこそ多くの知恵を学ぶ。
【出典】スマイルズ[サミュエル・スマイルズ](19世紀イギリスの作家・叙述家、1812〜1904)
【関連文】(続き)私たちは、しばしばできないことを見つけることによって、できることを発見します。間違いを犯さない人は、おそらく決して新しいことを発見することはないでしょう。


◎サローヤン
【名言】有能な人間は失敗から学ぶから有能なのである。成功から学ぶものなどたかが知れている。
【出典】サローヤン[ウィリアム・サローヤン](20世紀米国の作家、1908〜1981)


◎デューイ
【名言】失敗は一種の教育である。「思考」とは何であるか知っている人間は、成功からも失敗からも、非常に多くのことを学ぶ。
【出典】デューイ[ジョン・デューイ](19〜20世紀米国の教育学者・哲学者、1859〜1952)


◎諸葛孔明
【名言】時の流れがわからなければ、寛大であろうと、厳しくしようと、政治はすべて失敗する。これから蜀を治めるならば、このことを深く考えなければいけない。
【出典】諸葛亮孔明(中国三国時代の政治家・軍略家)


◎孫文
【名言】一つ失敗するごとに一つ進歩する
【出典】孫文(中国の政治家・革命家、1866〜1925)

◎勝海舟
【名言】人の一生には「焔(ほのお)の時」と「灰の時」があり、「灰の時」は何をやってもうまくいかない。そんな時には何もやらぬのが一番いい。ところが小心者に限って何かをやらかして失敗する。
【出典】勝海舟(江戸時代末の幕臣、明治初期の政治家、1823〜1899)


◎松下幸之助
【名言】人間というものは、多少困難や失敗があった方が、より大きな生きがいを感じられるものである。【出典】松下幸之助(松下電器産業創業者、1894〜1989)


◎本田宗一郎
【名言】人間は失敗する権利をもっている。しかし失敗には反省という義務がついてくる。
【出典】本田宗一郎(本田技研工業創業者、1906〜1991)


◎土光敏男
【名言】失敗は終わりではない。それを追求していくことによって、はじめて失敗に価値が出てくる。失敗は諦めたときに失敗になるのだ。
【出典】土光敏夫[どこうとしお](昭和の実業家、第4代経団連会長・石川島播磨重工業元社長、1896〜1988)


◎寺田寅彦
【名言】失敗をこわがる人は科学者にはなれない。科学もやはり頭の悪い命知らずの死骸の山の上に築かれた殿堂であり、血の川のほとりに咲いた花園である。【出典】寺田寅彦(明治〜昭和の物理学者・随筆家・俳人、1878〜1935)


◎西堀英三郎
【名言】従来の教育には、 「教」はあっても「育」がありません。育てるということは、「成功」の味をしめさせ、「失敗」に学ばせることです。
【出典】西堀栄三郎(登山家・科学者・第一次南極越冬隊隊長)「石橋を叩けば渡れない」


◎川上哲治
【名言】失敗をしたことのない優等生が管理職に就いても、どこか迫力に欠ける。自ら失敗に苦しんだ体験がないので、部下に注意をしても説得力がない。これでは部下がついていくはずがない。
【出典】川上哲治[かわかみ・てつはる](元プロ野球選手・元監督、1920〜)

★★★★★★★★★★

【解説】失敗から学べない理由
「失敗から学ぶ」ということは、昔からよく言われることですが、意外と難しいのが実情です。その原因としては次のような理由が考えられます。
(1)そもそも失敗として認識できない。
(2)精神的苦痛から失敗に向き合えない。
(3)失敗した理由を理解できない。
(4)失敗理由を分析しようにも、経過の記録がない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

« 【人生】『ダイブツ流人を見分けるコツ』 | トップページ | 【教育】失敗から学んだ天才エジソンと松下幸之助 »

教育・人材育成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【人生】『ダイブツ流人を見分けるコツ』 | トップページ | 【教育】失敗から学んだ天才エジソンと松下幸之助 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

オンライン状態

無料ブログはココログ