« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2008年1月13日 - 2008年1月19日

2008年1月19日 (土)

【文化】東京でもあった『末広がり伝説』〜大笑いだった『8』

 仕事で東京に行った。ついでに少し遅い初詣と思い、いくつかのお寺や神社を回った。

 そうすると、驚くことにここでも末広がり伝説を体験した。

 マクドナルドの受付札が8だったり、テレビを見ていたらセンター試験を終えたばかりの受験生の得点予想が888だったり。

 予約したチケットを受け取ろうと東京駅に行くと『エキスプレス予約はJR東海のサービスだから八重洲口まで行ってくれ』と言われる始末。

 とにかく大阪の時より強烈だった。日付は2008年1月18日。今年二度目の8の日だった。こうなると28日がさらに楽しみになってくる。

 実はこの東京で起こった末広がり体験の中でも、思わず笑ってしまう、大笑いの8があった。

神田明神

 京都の祇園祭り、大阪の天神祭とならんで日本三大祭りとして名高い、神田明神の神田祭。

 関東に住んでおられるかたなら一度くらいは行かれたことがあるだろう。

 ここは大黒さま、恵比寿様、そして平将門をお祭りしてあることでも有名だ。

 境内は鮮やかな朱塗りの建物や立派な山門、大黒さまの大きな像があり、お祭り好きの江戸っ子たちのメッカらしく大変晴れやかな感じの神社である。


大黒さま

 この大きな大黒さまの『ちの輪くぐり』が8の字なのは勿論納得の行く話である。

大笑いだった『8』

 ところが境内の裏へ回ってみると、銭形平次の石碑が飾ってあった。

大笑いだった『8』

 脇にある案内板を読むと『大江戸八百八町をとり仕切った銭形平次はここ神田界隈で活躍していたので、それを祈念して関連するテレビや雑誌の関係者が協同で石碑を建てた。』と説明があった。

 ところが私は次の瞬間、自分の目を疑い思わずお腹を抱えて大笑いする8を見つけてしまった。

大笑いだった『8』

 案内板をよく読むと、銭形平次の子分の『親分、親分。テェーへんだ!』で有名なあの『八五郎』と書かれた『がらっ八』の碑があると書かれてある。

大笑いだった『8』

 みると銭形平次の石碑の脇にちょこんと親分の後を追いかけるように『がらっ八』の石碑があるではないか!

 いろんな末広がり伝説『8』の中でも最も大笑いする8であった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★【最高の年に最高の縁起物を!

※【メルマガ登録】「メルマガ登録希望」と書いて今すぐメールを!


2008年1月14日 (月)

【読者の広場】『末広がり伝説』の広がり

【読者の広場】『末広がり伝説』の広がり

   このブログの読者の皆さん、今朝大変興味のあるコメントがありましたよ。いよいよ『末広がり伝説』も徐々にひろがってきたようです。

  他にもこんな体験をした、あんな体験をしたという方はどうかこちらの記事にどんどんと遠慮なく、発言をしてくださいね。よろしくお願いします。

  なお、こんなうれしいニュースは【メルマガの号外】として多くのメルマガ会員の皆様にも幸せをおすそ分けしたいと思います。それでは皆さん、どんどんとコメント下さい。

★★<<1月14日のコメントから>>★★★★★

宇佐美泰一郎様

久しぶりにこのブログに入力します。
昨日1月13日の大峰山への小旅行で出会った『8』につき、 『末広がり8伝説』の
話に添える意味で、 お伝えしたく思います。 実はこの『8』は更に前日の1月12
日に知人の家からの帰り道、 乗った地下鉄の「8号車」、 更に梅田でヒルトンホテル
に向かい出た「8番出口」という事実から始まっていたのです。 
わかりやすく『8』に関わるメッセージを列記します。
・まず、 清い渓流が望める食事処で眼にした面不動鍾乳洞の説明パンフレット
 (1)摂氏『8度』の霊気
 (2)大峰の山々を見晴らす展望台『八幡宮』
    いにしへの洞(ほこら)の霊気有り難し
    世界遺産の山を望みつ
 (3)洞川温泉バス停前の入口から楽しい坂道を『8分』ほど歩いてください。
    鍾乳洞の内部は、 夏も冬もヒンヤリヒヤヒヤ『8度』の涼しさです。
 (4)『宇宙医学倶楽部』につながる『64』もありました。
    ここの電話番号は0000−64−0000です。
・帰り道の車のナンバープレート
 (1)888の車: 3台
 (2)8888の車: 1台
 (3)7777の車: 2台
 (4)他、 1111、 3333、 4444、 5555、 6666、
    9999と「2222を除き」、 1〜9まで全部のナンバープレートを
    見ました。 このようなことはまず普通ではあり得ないことです。
最後に、 大峰山への小旅行の目的は完全に達成されました。
『8』の吉兆に圧倒されることなく、 地道に一歩一歩、 歩んで参りますので
2008年もよろしくお願い致します。

2008年1月14日
宇宙医学倶楽部 常任理事
悠々散歩人
檜田敏明

2008年1月14日 (月) 07時20分

檜田さん

アッハハは!大笑いだ。こりゃ、、、。凄いですね。

まるでパチンコ屋でズッとフィーバーしっぱなし状態と同じ。

しかし、やはりこの体験は、自分の体でやった者でないと★絶対★に分かりませんよね。そのすごさが。

今自分も読んでいて、ツクヅク感じました。

いずれにしても、この『末広がり伝説』、少しずつ広がっているようです。

皆さんもどんどんとコメントして下さいね。よろしくおねがいします。

なお、このコメント専用の記事を作りますのでそちらでおねがいします。

ダイブツ君

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★【最高の年に最高の縁起物を!ご案内はこちらまで】

※【メルマガ登録】

「メルマガ登録希望」と書いて今すぐメールを!

« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

オンライン状態

無料ブログはココログ