映画・テレビ

2011年9月25日 (日)

松下幸之助のドラマ「神様の女房」(NHK)是非ご覧ください!


お世話になった皆様
ならびに
松下幸之助関係者
各位様

  いつも大変お世話になります。ニューポートの宇佐美泰一郎です。

 皆様、大変ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

 さて、この度は私ども松下政経塾の先輩である野田佳彦(1期生)さんが政経塾出身者初の内閣総理大臣になられました。

 ご関係の皆様、誠におめでとうございます。

 また、これまで永らく政経塾発展のためにご尽力頂いた皆様には、
改めて深い感謝を申し上げます。

 さて、今回これを記念してかどうかは分かりませんが、今週末、10月1日、8日、15日の全3回でNHK総合テレビで、松下幸之助創業者のドラマが放送されます。

 下記に詳しい情報をお届けいたします。

私も早速、番組録画の予約をいたしました。

 秋の夜長、ご家族揃って是非ご覧になられてはいかがでしょうか?。

 少しずつ肌寒くなって参ります。お風邪など召さぬようくれぐれもご自愛下さい。

合掌

【松下幸之助塾主のドラマ】

常盤貴子主演!松下幸之助夫婦を描くNHKドラマ「神様の女房」(全3回 10月1日・8日・15日 PM9:00~10:13)

http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/89737.html

■「神様の女房」番組のみどころ

電気ソケットから身を起こし、現在の松下グループを築いた松下幸之助氏は"経営の神様"として国内外でもその功績が語り継がれています。その"神様"を生涯にわたり支え続けたのが糟糠の妻・松下むめのさんでした。
NHKでは、
「もう一人の創業者」とも称される松下むめのさんと幸之助氏夫妻の物語を、小説「神様の女房」(高橋誠之助著)を原作に、土曜ドラマ『TAROの塔』での好演も記憶に新しい常盤貴子さんと『再生の町』の筒井道隆さんを主演に迎え、土曜ドラマスペシャルの第1弾として連続3回でドラマ化します。

■番組のあらすじ

淡路島の裕福な船乗りの次女として生まれ育った井植(いうえ)むめのは、大正4年、親もない家もない、財産も学問もないという大阪の電気工・松下幸之助と結婚する。むめのにとっては、
しゅうとめのいない気楽さと、財産も一から夫婦で築いてゆくことを望んでの結婚であったが、それは貧乏生活の始まりでもあった。
幸之助は、新婚早々会社を退職、独立するがうまくいかない。
「成功するまであきらめない。成功の秘けつは成功するまでやめないこと」
という夫を、質屋に通い、得意の針仕事の内職でむめのは助けてゆく・・・
極貧の生活から事業の失敗と成功、戦争の混乱の中での浮沈を、時には大きなケンカもしながら共に味わってきた、むめのと幸之助という夫婦の物語を、
時代のスケール感も豊かに描いてゆく。

【番組名】土曜ドラマスペシャル『神様の女房』

【放送予定】2011年10月1日・8日・15日(毎週土曜日) 総合<全3回>
総合 午後9時~10時13分
【原作】高橋誠之助「神様の女房」
【脚本】ジェームス三木
【音楽】住友紀人
【タイトル字・タイトル画】木田安彦
【出演】
常盤貴子、筒井道隆、松本利夫(EXILE)、秋野暢子、石倉三郎、
野際陽子、津川雅彦ほか

 

 

ダイブツ 拝

2008年5月14日 (水)

【ドラマ】キムタクの『チェンジ』

 久しぶりのブログである。季節はGWも終わり、目に青葉の一年中でも一番気持ちのいい季節となった。

 テレビドラマではキムタクのCHANGE(フジテレビ系列 毎週月曜日夜9時から)が始まった。

 キムタクことSMAPの木村拓哉は今まで出演したドラマが尽くヒットし、テレビの場合、視聴率30%を越えるものばかりだ。

 今回の番組も5月12日放送の第一回目も、平均視聴率が23.8%、瞬間最大視聴率が26.6%。

 仲間由紀恵の『ごくせん』には視聴率でわずかにやぶれたものの、視聴率が取れないと言われる政治もののドラマとしては大健闘。

 さらに過去三年間のドラマの中でマンガが原作でないものとしては過去最高の視聴率だそうだ。

 物語のあらすじは、35歳の朝倉啓太(木村拓哉)は地元の福岡を離れ、
長野で小学校の教師をしていた。

 だが突然の父と兄の死去に伴い補欠選挙に担ぎ出され、国会議員に当選。首相にまでなってしまうという奇想天外がものだ。

 過去のキムタクのドラマは回がどんどん進むに従って、視聴率がどんどん上がっていったので、このドラマもおそらくどんどん上がっていくだろう。

 第一回目を見た限りの私の感想を少しお話ししよう。

 まず『キムタクは改めてカッコイイ』と感じた。第一回目は信州の小学校の先生が選挙に担ぎ出されて、見事大接戦を征して当選するまでの話であった。

 アフロヘアーのモジャモジャ頭の姿から、ポスターではシャキッとヒチ・サンに分けた姿で出てきて、溌剌としている。

 最近こそ若くてルックスのいい政治家がたくさん出てきはしたものの、ここまでルックスのよい候補など現実にはあり得ないので、やはり唖然としてしまう。

 私が一番シンパシーを感じた役は阿部寛扮する選挙プランナーの役であった。

 私も過去何度も選挙の応援をさせていただいたので、思わずこの役と同一化して見てしまった。

 実際に関わった選挙では199勝1敗の強者らしい。

 『平和な国で選挙だけが生きるか死ぬかの唯一の闘いだ』というセリフなどは強く共感した。

 他にも『18歳未満の子供は1700万人、これに対してペットは2300万匹。日本は少子高齢化が極端に進んでいる。少子高齢化一本でいけ。』という演説指南。

 選挙戦終盤、マスコミに父親の不正を暴かれ、最終日の街頭演説でキムタク候補が、それを素直に認めたシーン。

 当然誰もが『ああ、これで選挙は負けた。』と諦めた。

 しかし、この選挙プランナーの気転でこのVTRをテレビ局に送り、これがニュース番組で取り上げられ、キムタクの誠実さが有権者に支持され、大逆転につながった。

 私もさすがに『この手があったか!?』と舌をまいた。

 このドラマ。なかなかの面白さである。次週が楽しみだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※【メルマガ登録】「メルマガ登録希望」と書いて今すぐメールを!

※【改革支援サービス一覧】皆様の改革のお役にたちます

こう説明すると硬派な作品を想像しがちだが、
そこは木村拓哉主演のチェンジは“月9”。
後藤博幸プロデューサーが
「社会派の政治ドラマではない明るいエンターテインメント」
と言うように、朝倉は庶民感覚を忘れず分からないことは
分からないと言う、常に国民と同じ目線の首相だ。

(ドラマ)-木村拓哉-
新着記事
第一話のエピソード・ストーリー。視聴率。
木村拓哉のチェンジが第一話が公開されて
視聴率いいみたいです。
木村拓哉が内閣総理大臣を演じる−。
それだけで十分すぎるほどの話題のドラマである。
「この前テレビのドキュメント番組を見ていたら、
国から難病指定されていない人たちのことを伝えていた。
いろいろ問題もあるかもしれないが、国はなぜ
指定しないのだろうかと素朴に思った。
阿部(寛)さん演じる選挙プランナーの韮沢が少子化を訴えるせりふも印象的で、
収録を続けていくことで(役柄への)回路が出来上がりつつある」
ニコリともせず、淡々と語る。

「例えばすべてが正しいものではないと思うし、
今まで正しいと思われてきたこともひょっとしたら△かも。
胸を張って『これでいいんじゃないですか』と提示できる役かな。
これがタイトルにもなっている変化(CHANGE)
につながるのではないでしょうか」
 言葉を選びながら真剣に答える。昨年の大ヒットドラマ
「華麗なる一族」(TBS系)以来約1年ぶりの連続ドラマ。
「どんな課題が自分に降りかかってくるのか楽しみ。
ガキのころ、毎週少年ジャンプの発売を待っていた気分と同じ」
とやはり少しの興奮は隠せないようだ。
[ written by boomboom ]
|URL |トラックバック(0) |home|
CHANGE(チェンジ)-出演者一覧(キャスト)
タイトルは「CHANGE(チェンジ)」
これはニュースから絞りこんだんですが、テレビ側としては
いい意味で「CHANGE(チェンジ)」じゃないタイトルを付けて
裏切ってくれそうな気がします。
画像や写真についてもまだ公開されていない。
ドラマ化されたときの出演者一覧も発表できたらいいです。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

オンライン状態

無料ブログはココログ